田沢湖周辺には,TVの旅番組なんかでよく聞く乳頭温泉郷もありましたが,時間的に寄ることはできませんでした。また機会を作ってぜひ行ってみたい場所です。 3日目の十和田湖へつづく…
《2日目》
田沢湖(秋田県)にて
《水深423mは日本一》 
        (8/21/1994)
 広島〜秋田という長距離運転をしてきて,さすがに疲れていましたから,キャンプ場内に温泉があるというのはありがたかったです。
 それに,こうした夏の高原(ここは標高500m)のキャンプ場に来ると,自然に気持ちが落ち着いてほんとにすがすがしい気持ちになれるんですよ。
 
とてもキャンプ場とは思えないアスピアのセンターハウス。
 後方は,売店。
 ここは,オートキャンプサイトが110区画を超えるわが国最大級のキャンプ場であるだけでなく,日本オートキャンプ協会による数少ない「五つ星」の評価も得ているという,わが国最高レベルのキャンプ場です。写真は,我が家のテントのある「ななかまどゾーン」と名づけられた区域です。↑左上の建物はケビン棟。 (1994年8月)
 八幡平(はちまんたい)オートキャンプパーク・アスピア(以下「アスピア」と略します)は,'94年夏,“東北キャンプツアー”と自ら名づけたキャンプ旅行をした時に,最初の4泊をしたキャンプ場です。広島から東北地方への行程としては,夕方広島を出発。米原Jct.から北陸自動車道を走って,翌早朝,新潟市着。新潟市から磐越自動車道を走って福島県側へ移動。郡山Jct.から東北自動車道へ入って,宮城県,岩手県とひたすら北上(松尾・八幡平ICまで)を続けるという,かなり長い行程でした。
 アスピアは,十和田八幡平国立公園の中に含まれる八幡平温泉郷の一角に位置しますので,周囲は当然,“温泉天国”であります。ただ,キャンプ場のセンターハウス内にも大浴場と露天風呂がありますので,我が家は毎日それを利用しました。
 周囲は,八幡平,田沢湖,十和田湖,奥入瀬渓流,八甲田山と秋田県と青森県にまたがって観光地に恵まれていますので,ここをベースキャンプ地にしてあちこち出かけました。ということで今回は,キャンプ場だけでなく,できる限り周囲の観光地の紹介もしたいと思います。
 なお,この年のキャンプ・ツアーは,5泊目「栗駒高原オートキャンプ場(宮城県)」,6泊目「塩原グリーンビレッジ(栃木県)」と利用しました。これらのキャンプ場についてもいずれ紹介したいと思いますが,いつになることやら…
 八幡平オートキャンプパーク・アスピア(秋田県)
【秋田県鹿角市八幡平 字切留平15番地1】 0186-31-2637 通年